みんなが憧れる美脚の定義はどんな脚なの?

O脚でも美脚ってあり得るの?

美脚の定義

O脚ではない脚は美脚なのでしょうか。
またO脚にも関わらず美脚になる方法はあるのでしょうか。
今回はそのことに迫ってみたいと思います。

 

まず、どんな脚が美脚なのでしょうか。一般的には真っ直ぐに立ったとき、太もも、ひざ、ふくらはぎ、内側のくるぶしがすべてピタっとくっついている脚を美脚と呼びます。

 

ただ、当然のことながら、仮にこの条件を満たしていても、痩せてがりがり鳥の脚のような脚や、ブヨブヨの豚足のような脚が美脚と言えるわけではありません。適度な肉感(筋肉)がないことには美脚とは呼べないでしょう。

 

 

つまり美脚とは全体のバランスが良く、かつ肉感がある脚です。
それが本当の美脚、絶対的な基準です。その要素が欠けていくにつれ、美脚度がダウンしていきます。
ただ完璧な美人も人によってはブスに見えるもの。それは脚も同じです。

 

美容的な観点から見て「美脚」と言える脚も、人によってはツマラナイ脚に見えるわけです。
まあ、このあたりは好みの問題なので何とも言えませんが、完璧な美脚を目指すのは不可能であっても、それらしく近づけることは可能です。

 

 

美脚になるためにはどのような対策をするのか

 

そのために必要なのは、日々の努力がまずひとつ。前にも書きましたがO脚は生活習慣病のようなもので、普段の歩き方や姿勢などが影響してきます。美しい姿勢や歩き方を意識したり、自分に合った靴を履き、脚をきれいに見せるための努力をしましょう。

 

ただそういった努力は、それ以上O脚を悪化させないために必要最低限の条件で、根本的に直すためには本格的な治療も視野に入れなければなりません。その分お金や時間もかかります。

 

が、完璧な美脚を目指す必要はないことを前提に考えれば、自分の努力だけで美脚を創り出すこともできるのです。
脚の筋肉をバランスよく鍛えれば程よい肉感がつき、それだけで魅力的な脚になります。

 

その意味ではO脚でも美脚は創り出せます。

 

O脚 O脚