心がけ1つで自分に合った靴がみるかる。O脚と靴の関係

ファッションをとるか?健康をとるか?

靴選び

O脚と靴の関係は密接で、靴はその改善にもまたさらなる悪化にも影響を及ぼす非常にデリケートな存在です。

 

靴選びはファッションの要素が多大に影響するもので、O脚を改善するために選ぶのか、それとも流行りの靴を履くのが優先で選ぶのか、なかなか難しいところではあります。

 

しかしながら、それほどO脚のことを意識しなくても心がけ一つで自分に合った良い靴を選ぶことができますので、靴を買う際にはいまから述べることを頭に入れておいてくださいね。

 

 

靴選びのポイントその1

歩いたときにぶかぶかしない、靴と脚が浮かない
⇒靴が脱げないように歩かなければならないため、不自然な歩行に

 

靴選びのポイントその2

かかとがぴったり入り、かかとを包み込んでいる
⇒フィットしない靴は余計な部分に力がはいってしまう。

 

靴選びのポイントその3

つま先は指一本分空ける
⇒キツ過ぎる靴は靴ずれの原因

 

靴選びのポイントその4

柔らかく柔軟性がある
⇒靴がなじんでいることが正しい歩行をサポートする

 

 

ファッション重視ですと自分の脚のサイズに合っていなくても無理して合わせたくなりますね。
ただ、その影で脚に大きな負担がかかり、O脚を進行させていることを覚えておきましょう。

 

また安価な皮革製品は硬く、伸縮性や柔軟性に乏しい製品が多いのでO脚にはあまり歓迎できない製品ですね。

 

またO脚を改善する矯正スリッパやインソールなど、今の世の中便利なものが発売されていますが…これらの製品はO脚の根本的な解決にはつながらないばかりか、逆にO脚を悪化させてしまう可能性すらありますので気をつけましょう

 

O脚の人は踵の外側に重心がかかりやすくなるから、かかとの外側のソールを高くして補正するという意図がこれらにはあります。

 

しかし本来、人間工学の観点でいえば正常な歩行を行った場合、靴底は外側から擦り減っていきます。つまり、O脚の人と同じなわけですね。程度の違いこそあるものの。

 

ということは、かかとの外側に人為的に重心が移らないようにしてしまう=内側に重心が来る、と不自然な重心となります。
具体的に言えば、足首の関節が内側にゆがむことで、足全体が内側に引っ張られますから、強制的に脚が内側に向かってしまいます。
そうすると正常な姿勢をキープ利用とする身体と相反し、極端なガニ股、かつ腰が反り返り、まるで野生のオランウータンが歩いているような姿に(極端な話)。

 

つまりその分姿勢がわるくなってしまいますから、O脚の改善にとってはマイナス以外のなにものでもありません

 

O脚 O脚