靴底の減り方を見れば身体の不調がわかるO脚改善法

靴底の減り方を見れば身体の不調がわかる!

ヘッダー靴底の減り方を見れば身体の不調がわかる!

身体の不調は靴底に現れる?

靴底

靴底は正しい歩き方をしていても、長い間使って入れば必ず減っていくものです。靴底の減りは、脚の着地点と体重移動の仕方で変わってきます。

 

外側が減るのはO脚の方に多い、内側が減るのは内またやX脚の人が多いなど。またつま先が減りやすい、かかとが減りやすいパターンもあります。

 

親指下周辺と踵付近が減った状態が良い歩き方と言われていますが、かかとの外側が対称に減るのも正しい歩き方をした場合の減り方と考えられており、諸説あります。

 

それではそれぞれの靴底の部位の減り方で、身体の不調が表れやすい傾向についてみていきましょう。

 

つま先が減りやすい

外反母趾の恐れアリ。前につんのめるようにし歩く「踏み込み歩き」の人に多い減り方ですね。
この歩き方だとつま先に体重がかかり、体重が親指から小指の方に流れていくので、土踏まずの外側に余分な力が入りますから、外反母趾になりやすいです。また靴の甲側のつま先に引っかいたような傷がある場合、つま先を下げたまま歩いていることがあるのでつまずきやすいですから転ばないように気を付けましょう

 

かかとが減りやすい

腹筋と背筋の衰えを指摘できます。
踵から着地して、足裏全体を引きずるような歩き方をしている人に多く、歩く際に身体を完全にコントロールできないため猫背になりがちです。筋肉が詰まり、血管が圧迫されることで血行不良や腰痛の原因にもなります。
骨の老化が進んでいるケースもあります。

 

左右片方だけ減る

骨盤歪みの恐れを指摘できます。
O脚の方は通常外側が減りやすい位ですが、O脚を直さずにいると脚が変形し、ついには骨盤も歪んでしまいます。重心が悪くなり、歩く格好も姿勢も不細工になります。骨盤の歪みは「肩の痛み」「腰の痛み」「目の疲れ」などの症状を引き起こす原因となりますから、早めに手を打ちましょう。

 

結局のところO脚でも内またでもX脚でもそうですが、その傾向が強くなってしまうと歩く際、体重移動がうまくいかずバランスの悪い歩き方になり、それが靴底に現れるわけです。

 

それを続けていると身体のさまざまな部位が悲鳴を上げます。
悲鳴をあげてからでは、不調を直すこと自体に目が行き、なぜそのような不調がおこったのかその根本原因を探すまでには至りません。
そうなると再び不調は繰り返し襲ってくるのです。

 

O脚も含め、体に不調が訪れる前に靴底に現れたメッセージを読み取り、その原因を改善する努力をしてみるとよいかもしれませんね。

 

O脚 O脚

トップへ戻る